漫画描き、 水島みきです。マンガ、イラスト、お仕事募集中です。お気軽にご相談ください。                                       コメントいただけましたら、記事最後の(CM)というところからよろしく!
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年11月05日 (火) | 編集 |
「東京DEEP案内」というサイトを見ていたら、うちの近所の商店街が
廃墟ゴーストタウン扱いされていてびっくり!なんでやねん!

しかも、現在営業中の洋品店が、まるでとっくの昔につぶれているかのように扱われてたり。
いやいやいや、私、この記事が書かれたよりも後に
ここで買い物してるんですけど・・。

どうしてこうなった?





確かにその商店街は、「昔は市の中心街だった場所だが、
駅が移転して現在は人通りが減り・・・」
という薄幸の熟女的キャラ立ちの場所ではあるのですが。



ケーブルテレビのインタビューによると、商店街ではあえてレトロな建物を保存して
なつかし昭和テイストでやっていこうとのこと。
土曜の午後はすぐ売切れてしまうほど人気なコッペパン屋さんもあるし。
(洋品店は定休日の写真を撮ったものと思われ。)

その某サイトでは、「こんなに建物が古くて、新築も少なくてほーら廃墟!」という
解釈だったようですが、
「蔵作りの薬局」「古民家な乾物屋さん」「昭和な駄菓子屋さん」「純喫茶」などは
明らかに「あえて」建て替えずに残していると思われますですよ!

(あと、駅側からくるとわかりにくいのですが、
商店街突き当たりに幼稚園、小中学校があり人通りはそれなりにあります)


そもそも私も廃墟マニアで、わざわざレトロな街に写真撮りに行ったり
廃墟本を買ったりするほどには廃墟好きなんで(変態!)気持ちはわかるのですが・・。
(人のいない場所より、生きているレトロな場所の方が好みですが)


「東京DEEP案内」の人が二回取材に来て、そのうち一回がたまたま
洋品店の定休日で、シャッターの閉まっている店の写真が撮れたら、
まあ、シャッターの閉まっているほうの写真を使いますよね・・。ネタとしては。
(定休日めがけて写真撮りに来たら激しく邪悪ですが!)

そのブログには、シャッターの閉まっている洋品店の写真が載っていますが、
「倒産しています」とは書かれていないので、「ウソ」が書かれているわけではないのです。



レトロ、廃墟好きという記事のコンセプトからすると、悪意があるわけではなく
だれも困る人はいないんだろうけど。
これが商業ブログで、私がここの社員で、取材に行かされたら
間違いなく同様の真似をするだろうしなー。

(もちろん、イタリア遺跡日本人ラクガキの件とか、七生養護学校性教育バッシングとか
明らかに取材側に悪意のあるものはうんこ野郎ですが)


自分自身も、自分の中に先入観や思い込みがあることとか、
記事の向こうに人間がいることを忘れないようにしなければなーと思う今日この頃でした。
無理やりまとめてみた。てへぺろ!







スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
わーい。久々のアップですね^^

私も廃墟本を買ってしまう廃墟好きですが、
現実に廃墟になっていないものをそんな風にメディア(?)にあげるなんて・・・・。驚
事実を確認せずに恣意的にまとめられているサイトって、本当にあるんですねー。た、ためになりましたっ。気をつけよう。書く側としても、読む側としても・・・。-0-;
2013/11/07(Thu) 20:48 | URL  | シャンティcoco #aIcUnOeo[ 編集]
コメントありがとうございます!
自分でもおちいりがちな罠なので、私こそマジ気をつけます~。
普通なら笑い飛ばしちゃうところなのですが、
こちらのブログ、「廃墟やレトロさびれ街」をオブジェとして愛しているけど、そこに住む住人についてはかなり見下しているんで
ちょっとひっかかりました。
マジで私こそ気をつけねば・・。

2013/11/08(Fri) 07:30 | URL  | みずしま #-[ 編集]
花梨ちゃんが懐かしい部類になってしまい、スイート以降に漫画家を続けていたのに気づきませんでした。


私の地元は4階で階段しか無いテナントが多数で、時代を感じます。
2013/12/02(Mon) 03:10 | URL  | テクノン #-[ 編集]
テクノン様
はじめまして!コメントありがとうございます!
リアルでお知り合いでしょうか?でなくてもありがたいです。いらっしゃいませ~。このブログ、コメント少ないのでありがたいです。スイート以降の経歴は見ていただいた通りなのですが、今はデジタルをいまさらですがお勉強して、電子書籍でちょこちょこやっております。紙も、が・・がんばります!(本当は紙が好き・・。)
スイートは全三巻、リニューアル表紙と「彼らのその後」のおまけ漫画大量かきおろしつきで秋田から電子書籍ででております~。
新作「ぷちぷちヴァンパイア」もよろしく!もうじき後編出る予定です。
試し読みだけでものぞいてみてやってくだされ~。
いきなりかましてしまいすみません・・。よろしければまたコメントいただければありがたいです!
2013/12/02(Mon) 08:46 | URL  | みずしま #-[ 編集]
行き着けの店がほぼ消滅した2013年でした。
私の地元はエレベーター設置義務の無い時代の建物が多い、埼玉県です。日没後だと21時以降は女性は徒歩移動は居ない所。


先生の作品で読みたいのが花梨ちゃんの前ですが、鶴巻町のマンガ図書館で有る程度は読めるんですが、雑誌の小冊子のマンガは確実に無理だろうと思います。


白泉社が特に強かった雑草社の「ぱふ」が消滅して、アナログでマンガの情報を得るのが不可能に成りましたが、コミックホームズで何とか分かりそうです。


ただ本誌以外の増刊号だと国会図書館でも難しいのですが。


先生の女の子は男の娘の様な描き方してる作品が有りますが、やぶうち優先生の少女少年よりも早かったんですよね。


中性的な女の子が先生の持ち味かなあ。


私はガラゲーなので、スマホに変えないと電子書籍の敷居が高いです。
2013/12/17(Tue) 22:55 | URL  | テクノン #-[ 編集]
どうも!コメント返し遅くなりました!
埼玉・・本当にリアル知り合いでは・・?ビクビク。
ケータイマンガ王国で、古い読みきりも扱っていただいておりますが、携帯画面は読んだ感じが違いますよね・・。

電子書籍、「スイート~」と「ぷちぷちヴァンパイア」は、パソコンでも扱っておりますです。
電子にもし抵抗感なかったらよろしく~。

「少年少女」とは懐かしい・・。
そうなんですよー。一応そちらより先ですが、よくある設定かも。
ぷちぷちの後編もよろしう~。紙も頑張りたいです!
またよろしければコメントお待ちしております~。

2013/12/26(Thu) 18:15 | URL  | みずしま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。